読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よく見る夢

「この夢、昨日見た夢の続きじゃね?!」

「このシチュエーション、前に見た気がする」

「また同じところ、同じ人が出てくる夢だ」

「また怖い目にあった…」

 

皆さんは、連続性を感じる夢を見たことはありますか?

夢って一日にいくつか見たり、まだまだ未知の存在ではありますが

夢見が悪いと不安になったりもしますよね笑

 

私は最近、連続性のある怖い夢を見ています。

舞台は和風家屋。そして廃屋。

敵は日本の妖怪たち。

内容は妖怪と隠れ鬼をし続けるというもの。

見つかったら、捕まったらきっと殺され…

そんなことを考えながら、夢の中の私は全力で逃げています。

目が覚めると汗びっしょりなんですよね、これが。

連続性、というのも、前日に見た夢が終わった地点から

今日はスタート、とかそういうものです。

 

ホラーなシチュエーションは好むほうなので、

恐怖感は楽しかったりするのですが…

本能的に命がかかると全力で逃げて命を守ります。

するとどうなるか、そう、起きたときの体力が減っているんです。

動いていないのに!精神的に疲れて起きます。

そしてのどが渇いていたり、親にうなされていたと言われたり。

夢のくせに現実世界に干渉してほしくない…

そう思いながら今日も寝ようと思います。

 

これで全然違う夢にシフトしても、それはそれでつまらなかったりするのですが笑

 

夢占いしてみるのも楽しいかもしれませんね。

今の趣味

私はいま二つの趣味があります。

1つはMMD

知らない方も多いと思いますので簡単に紹介すると

MikuMikuDance というツールを使って、

3DCGモデルを扱って動画や静止画を作成することです。

素材は全て無料でお借りすることができて、好きな漫画やアニメジャンルのキャラクターを自分の思うままに動かせてかなり楽しいです。

いくつか動画サイトに投稿していたり。

かなり作業時間がとられますが、寝不足になってでもやりたい趣味の一つ。

 

ただ、最近その熱が冷めてきていて、そろそろ潮時かな、なんて考えていたり。

 

2つめの趣味は演劇。

演じる側としても、観る側としても、とにかく劇が大好きです。

地域の劇団さんが公演するときは可能な限り行くようにしています。

しかしまあお金は飛んでいきますね、仕方のないことですが。

たとえテストとかぶろうとも、心を強く持ってやり通せたので

きっと自覚しているよりも好きなことなんでしょう。

保育園のころから、何か役を劇的に演じることは好きだったので、

これからもずっと好きでありたい。

関わっていきたいと思っています。

 

演劇って地域性がすごくて、やっぱ都会の劇はクオリティが違うんです。

一つの作品として芸術的に完成されてるというか。

それをたまーーに見て、自分のところに還元するのもオツです。

 

人前に出ることが好きなのもあるかもしれませんね。

将来のこと、考えてみた

過去について振り返る記事が続きました。

ここで一旦将来について考えてみたいと思います。

 

将来、〇〇になりたい、と思うことを昔は夢と呼んでいました。

しかし、年を取るにつれ、これは夢でなく現実的な話だと思うようになりました。

私は将来保健室の先生か看護師になって、いろんな人達と関りながら

命を大切にできる環境で働きたいと思っています。

そうすることでいじめ問題を少しでも解決したり、人手不足解消に役立ったり、

お金をきっちり稼いで女一人で生きていきたいとも思っています。

また演劇も続けたいので勤務時間がはっきりとしている職に就きたいのです。

ここまで考えておいて、これは夢なのでしょうか?

 

他にも将来についてぼんやり考えることがあります。

それは「死」です。

理想の死に方、皆さんはあるでしょうか。

私は、宇宙空間のようなどうしようもない空間で存在ごと綺麗にパシュっと

消える感じで死にたいと思っています。無理なんですけれど。

こっちのほうがよほど夢を見ていますね笑

現実的に考えて老衰死が一番良いでしょう。

とにかく人に迷惑のかからぬよう、後処理がめんどくさくないように死にたい。

いっそ誰にも発見されないまま世紀を超えてみたいです。

 

少し変な方向に話が展開してしまいました。

それではこのへんで。

今の家庭、持ちたい家庭。

家庭、という単語を目にすると、やはり話題は

将来作りたい家庭、というものになるでしょうか。

 

私は、母親と父親の仲がそれなりに悪く、

妹と私は割と仲良く、

父親は単身赴任で月1家に帰ってくる、

そんな家庭環境で暮らしています。

各々趣味も思考も違うので、互いの深いところは探らず、

ちょうどよい心の距離感を保っています。

 

その影響もあってか、私も持つならこんな家庭がいいですね。

深く互いを知ろうとせず、しかし必要な情報は共有し、

趣味の押し付けはせず、しかしたまに話題とできる。

そんな相方を見つけたいものです。

常に一緒にいるより、時々一緒に過ごすほうが幸せも多そう。

 

これを話すと大抵の女性から引かれます笑

ああでも、浮気をしないだとか、ある日突然いなくならないだとか、

そういう信頼関係は持ったうえでの理想図です。

 

心の距離を適度に、そして平和な家庭だといいですね。

私の今の家庭は、暴力や罵声がナチュラルに飛び出てきます。

もちろん子供の性格を歪めるのに影響力は大きいです。

もし自分が家庭を持つことになったら、

そんな要素はできるだけ排除したいです。

だって普通に考えたら、日常的に暴力・罵声にさらされる必要

ありませんもんね。

 

間違えたときは、受け入れて訂正してあげる。

そんな考え方で家庭を築けたら幸せだろうなあ。

学生時代の私

学生時代の私、というタイトルですが今も大学生なので、

小学校、中学校、高校と振り返ってみたいと思います。

まず小学校。

転校を3回経験しつつもいい先生・友人に恵まれ騒がしい毎日を送りました。

とっても雑な性格で、やんちゃだったのを覚えています。

片付けが苦手で、ロッカーや引き出しは汚かったなあ…

アニメや掲示板などネットの世界を小学校中学年で知り、そこから趣味の方向性が

固まりました。

そのころ男の子の見ていたアニメにはまり、それはもう深い沼に沈みました…。

 

中学校

黒歴史であげるならこの時代かもしれません。とにかく情緒不安定だった。

鬱を経験したのもこの時です。自分に自信がなく、自傷が楽しく、引きこもりたい、

でも人にかまってほしい、みたいな。

客観的に見て友達にしたくないやつですね。

でも周りは本当にいいやつしかいなかった。

中高一貫校なので、中3の春休み中印象を変えることは不可能なのではと思っていましたが、なんとかなりました。

なんだかんだ楽しかった。

 

高校

勉強と部活の両立に自信がつき、効率的に勉強してそれなりな成績をとって

部活に打ち込むことばかり考えていました。おかげさまで安定した成績をとり

先生からにらまれることなく学業を終了しました…。

部活も、人生をかけて取り組みたいと思える演劇に関わるきっかけとなり、

かなり幸せな学校生活を送れました。

 

ふむ、なかなかにいろんな経験ができた人生なのではないでしょうか。

よく頑張ったなあ私。

しかし、いまだに中学時代の面倒な自分が顔を出すので、早く克服したいところです。

自身の過去を振り返って

過去を振り返る時間って結構楽しいですよね。

いやなことも、楽しかったことも案外覚えていたり覚えていなかったり。

私の人生は、特に怪我が多く、怪我を中心にいろんな出来事を覚えています。

 

保育園の運動会、前日に高熱を出したものの応援団長として参加。

しかしリレーの前に派手に転んでひざをすりむいて。

そのまま走りきり先生方に感動されたこと。

同じく保育園児時代、自転車の練習で、乗れるようになってすぐ

坂道に挑戦。しかしブレーキを知らない私はそのまま前に転倒。

顔を派手にすりむき笑いものに。

また同じ公園で、ブランコに乗って遊んでいた私。

親に背中を押してもらい最高到達点に来たところで立ち漕ぎ。

何を思ったのか片手を外し、落下。

左手の人差し指と中指を骨折しじゃんけんできなくなったり…

保育園時代だけでどんだけ怪我してるんだろう。

たくさんの怪我の中で最も思い出深いのは、

中3、部活最後の県大会前に、ニコ動ではやっていた

ハピシンの振り付けを早朝の学校で覚えていたところ、何をきっかけにかは分からないが左ひざの皿が脱臼。ついでに関節の軟骨剥離。

あれは痛かった。気を失う直前まで行きましたね。

病院へ行き、入院して手術が必要と判明しながらも一度学校にもどり

7時間目の部活激励会で応援団長をしたのはいい思い出ですw

 

後輩にもそれで知られたそうで。

高校に入ってからもたまに先生に心配されました。

怪我をすると人の優しが分かります。

 

だめだ、怪我しかない私の過去!

最近は怪我をしていないので、もっといい思い出を作りたいです。

生活習慣について

私の家では、生活リズムが大体決まっています。

これを守らないと親の期限が最低レベルになり日常生活に支障がでるので

かれこれ小学生の時から守っております。

 

5:00 起床

朝ごはん、犬の世話、家の掃除を済ませる

6:30 家を出る

 

帰宅時間は予定に左右されているので、門限は決まっていません。

しかしこの毎朝厳守しなければならない決まりが厳しい。

起きるのが遅くなっても家を出る時間までに全てやり遂げなければなりません。

ちなみに平日も休日もですね。

休日は家の掃除がパワーアップするおまけつき。

掃除機だけでよかったものが、上拭きと床拭きも追加されます。

親の気分によって風呂掃除、皿洗い、洗濯なども入ってきます。

 

ちなみにこれらのお小遣いは一切ありません。

何度もやめたいと思いましたし、軽くしてほしいと思いましたが

言っても無駄なんだなと現在は諦めて受け入れています。

 

朝の早起きだけは得意になりましたね。

たとえ夜どんなに遅く寝ても5:00には目が覚めます。

そのおかげで毎日寝不足です笑

 

皆さんは家で決まっている生活習慣とかありますか?

意外と普通だと思っていたことがほかの家では全然違っていたりするかもしれませんよ。

私がいい例です。